他の資格取得も望める(助産婦)の画像

看護師の資格を持つ場合は、さらに1年助産師の養成所に通うことによって、助産師になる国家試験を受験できるようになります。

仕事内容の画像

出産の介助が中心になりますが、育児指導・赤ちゃんのケア、妊婦さんの相談相手などになることもあります。出産という感動的な場面だけではなく、死産や流産などに立ち会う場合も多くあり、さまざまな場面において、カウンセラー的な役割も多くなってきているようです。

助産師の画像

赤ちゃんが生まれる時間は当然ながら不規則ですので、それに合わせて勤務時間も不規則になります。休日が不定期なこと、2回交代勤務や3回交代勤務、知識や技術だけではなく、体力的にもタフであることが要求されることなどは、看護師とほぼ同じですが、看護師資格にプラスされた資格になりますので、一般的には看護師よりも収入は多くなるのが普通です。

また、「助産師」は開業することが認められていますので、資格取得によって、独立開業による選択肢も増やすことができます。

受験資格の画像

助産師の資格を取るなら、助産師コースを設置する看護大学に4年間通い、看護師国家試験受験試験資格と助産師国家試験受験資格を同時に取得するのが1番楽といえば楽なコースですが、看護資格から助産師になる場合は、さらに助産師の養成所に1年通って助産師になる受験資格を得なければなりません。

看護大学(3年)に入学できたとしても、助産過程に進学できる定員数は、どこの大学でも少ないので、助産過程に進むことは厳しい現状があります。看護学校によっては、助産師の大学への推薦枠を若干持っているところもあります。そうした推薦枠を利用する万が一のも1つの手です。いずれにせよ、定員から漏れてしまった場合は、看護師としての資格取得後、さらに助産師の養成所に1年通う必要があります。

看護師免許はなくても助産師養成所には入学できますが、全国にある助産師養成所は廃校になることも多く、助産師養成所も短期大学の助産専攻科減少傾向にあります。 助産師になるための学校は、県によっては1、2校しかなく、定員も多くはありません。助産師になる学校に入学するのは狭き門と言えます。

現在は4年制の大学で助産師コースを設置する大学も増えたとは言え、まだまだ少ないのが現状です。定員数も決して多くはありません。しかし、そういう4年制の大学に入れば、1つの学校で看護師も助産師も取れることになりますし、助産師養成所に入ることに比べれば、看護師の勉強と平行して行われる助産師専門課程も取れることになります。

助産師国家試験合格率の画像

第89回(平成18年)合格率98.10%(受験者数1,600人・合格者数1,570人)
第90回(平成19年)合格率94.30%(受験者数1,621人・合格者数1,529人)
第91回(平成20年)合格率98.1%(受験者数1,722人・合格者数1,690人)
第92回(平成21年)合格率99.9%(受験者数1,742人 ・合格者数1,741人)
と、ほぼ100%に近いと言われてきましが、去年2010年第93回助産師試験の合格率は83.1%と、久々に9割台を割り込みました。

いずれにしても助産師国家試験の合格率は非常に高く、助産師の学校さえ卒業してしまえば、ほとんどの人が合格できると言えます。国家試験合格よりも、むしろ国家試験受験の資格を得られる学校に入学することの方が困難なところがあるといえます。

試験日の画像

助産師国家試験は毎年1回、2月に実施されています。
ちなみに第94回助産師国家試験は、平成23年2月17日(木曜日)です。その合格発表は平成23年3月25日(金曜日)となっています。

試験科目の画像

・基礎助産学
・助産診断・技術学
・地域母子保健及び助産管理
から一般問題75問(1問1点)、状況設定問題30問(1問2点)
午前 75分55問(一般問題40問・状況設定問題15問)70点満点
午後 65分50問(一般問題35問・状況設定問題15問)65点満点
合計105問2時間20分・135点満点
※ちなみに第93回助産師国家試験における合格基準点は、不適切問題を除く134点満点中81点以上となっています。

試験地の画像

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー