どうやったら看護師になれるの?受験資格を得る方法の画像

看護師国家試験を受験するには、まず受験資格を得なければなりません。
受験資格を得るには、文部科学大臣の指定した学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めるか、厚生労働大臣の指定した看護師養成所を卒業する必要があります。

看護師の国家試験を受ける前に、それらの受験資格の得られる学校で学ぶ必要があります。
具体的には、4年制大学看護学科、看護短大大学、大学医学部付属看護学校などや、国や地方自治体による看護師専門学校、病院付属看護専門学校などの学校があります。

既に准看護師の資格を持っている人の場合は、3年以上業務に従事しているか、高等学校もしくは中等教育学校を卒業している者であって、指定学校または指定養成所において2年以上修業することによって、(正)看護師の国家試験受験資格が得られるようになっています。

また、看護大学や統合カリキュラム校は、看護師と保健師の養成課程を並行しておこなうため、卒業に伴い、「看護師国家試験受験資格」と同時に「保健師国家試験受験資格」も得られるようになっています。

(正)看護師国家試験の受験資格を得るには、准看護師になってから(正)看護師を目指す方法と、はじめから(正)看護師を目指す方法とがあります。

一般的に現在は、准看護師→(正)看護師のルートをたどる人は少なくなりつつあります。

中学卒業後※その1の画像

聴診器の画像

中学卒業

准看護学校(2年)

准看護師国家試験合格

実務経験(3年以上)

専攻科か看護専修学校か看護短大(2年)

看護師国家試験合格

2004年より「10年以上の臨床経験のある准看護師」を対象に、看護師となるための通信制の移行教育が始まりました。2006年には該当する准看護師が、(正)看護師の国家試験を受験しています。

看護師学校養成所2年課程(通信制)

看護師国家試験(合格)

看護師

中学卒業後※その2の画像

中学卒業

高校(衛生看護科、3年)

准看護師国家試験合格

専攻科か看護専修学校か看護短大(2年)

看護師国家試験合格

上記のような順序となっており、「高等学校衛生看護科(高校3年+専攻科2年の5年一貫教育)」の道を選択すれば、最短で看護師国家資格を取得することが可能ですが、近年ではこの過程で看護師を目指す方は少なく、学校も少なくなっているのが現状です。

高校卒業後の画像

看護師の画像

高校卒業(3年)

看護専門学校(3年)か看護短大(3年)か看護大学(4年)か看護専門学校(統合カリキュラム校、4年)

看護師国家試験合格

前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー