看護師の高学歴化と准看護師制度の画像

注射器の画像

現在のところ、看護師になるコースを大きく分けると、いったん「准看護師」になってから看護師になる方法と、はじめから「(正)看護師」を目指す方法があります。

しかし現在、准看護師制度の廃止が検討されるようになり、准看護師の養成校も、徐々に減りつつあります。

昔の日本では、看護師になれる人は、高等学校を卒業して3年以上看護師としての教育を受けた者という決まりがありました。しかし、当時は高等学校を卒業できる人間も限られていたことから、看護師不足に陥ってしまいました。

そのため、戦後の看護師不足に対応するために、看護師の負担を減らし、看護師を補佐する役割の者として設けられたのが、准看護師でした。中卒でも、2年以上看護師としての教育を受ければ、准看護師として働けるようにしたのです。 しかし、高等学校を卒業することが当たり前になった現在、医療の高度化・専門化も進み、それに伴い、看護師の仕事にも高度な学力が求められるようになり、准看護師の存在が疑問視されるようになりました。

日本看護協会が准看護師制度の廃止を唱える一方で、日本医師会などでは、ただでさえ看護師不足が叫ばれる中で、看護師の幅広い仕事内容に幅広い労働力を求めて、准看護師の存在を要望する声もあります。結論を出すには、まだもう少し時間がかかると言えそうです。

前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー