週休2日は確保、でも土日祭日に休めるとは限らない(看護師の休日)の画像

病人にとっては、土曜も日曜も祭日も関係がありません。就業先によっても異なりますが、看護師は基本的にシフトが組まれて働くことになり、 そのシフトに従った休日となりますので、土日祝日にキッチリ休める職業ではありません。

たとえば、3交代制で、日勤の、次の日の勤務が深夜勤だった場合に、昼間08:30縲鰀17:00で働いた後、翌日の仕事として00:30縲鰀09:00の時間帯で仕事をこなすことになります。普通のサラリーマンやOLの仕事の場合は、もし昼間働いたら、翌日朝まで休めることになりますが、看護師の場合は、実質的には6時間程度しか休めない中で、翌日の仕事に入らなければならなくなります。

肉体労働的な要素のある仕事の内容と相俟って、看護師特有の勤務時間帯が、看護師の仕事をハードにしている大きな理由になっています。

たとえば日曜日がお休みという場合は、一般の仕事なら、土曜日の夕方まで仕事をしたら月曜の朝まで休めるわけですが、看護師の場合、日曜休んだ後の仕事が深夜勤務だった場合、月曜日の仕事として0時(=日曜24時)から仕事に出なければならなくなります。

これが日勤は日中の約8時間、夜勤約16時間の2交代制の場合ですと、夕方仕事に入り、翌朝まで仕事が続くことになりますので、1回の夜勤で、2日間働いたことになります。そして2日働いた後の3日目は、週休2日制による休みに当てるようになっています。

夜勤は週1回の場合は、あとは日勤で勤め、週末は、通常の週休2日制による2日目の休みが入ります。

月:夜勤 入り17:00~ ⇒ 夕方まで時間が空き、昼は自由な時間
火:夜勤 明け~9:00  ⇒ 朝9:00以降昼は自由な時間
水:休み        ⇒ 昼夜休み
木:日勤
金:日勤
土:日勤
日:休み ⇒昼夜休み
ということになります。

看護師の画像

実際は夜勤明けで残業があったりして、昼まで職場に残る場合も多くあるのですが、結局月・火・水・日の週4日も、昼の時間が自由に使えることになります。

3交代制の場合の方が1回当たりの勤務で働く時間が短くなりますが、その分、交代する回数が多く、ゆったりと過ごせる休日が確保しにくくなります。2交代制であれば、そして、勤務の時間が長くなりますが、その分交代回数も少なくなり、休日をより多く確保できることになります。

こうしたことから、2交代制を希望する看護師 の人も多くいるようです。

もし転職を考えている人の場合は、どのようなシフト制を組んでいる職場なのかは、これから働く上で覚悟して掛からなければならない大事な問題です。たいていの病院では勤務条件として、求人情報にハッキリと載せているところがほとんどですが、もし書かれていない場合は、きちんと尋ねてみるようにしましょう。

前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー