看護師の制服の色とスタイル 意見あれこれの画像

看護師の制服の色は、昔は白が主流でした。最近は色の付いたものが多くなりました。白は清潔感があり、いかにもナースという感じがしますが、患者さんを緊張させてしまう色でもあるそうです。そのために、患者さんの緊張を和らげる色が多くなっているそうです。

患者さんをリラックスさせる心理学的な効果まで考えれば、色の付いたものの方が適しているとのことです。色の付いた制服は、目にも優しいそうです。そういうこともあって、白のほか、 ピンク、 ブルー、 グリーンなどが多く見られます。

また、総合病院や大きな病院の場合、病棟別に分けたり、外来担当だけ違う色にしたり、色分けしている場合も多く見られます。たとえば小児科や産婦人科は可愛らしいピンク、長期入院の多い内科は柔らかいアイボリー、隣接の医療短大生はグリーン・・・というように、各科ごとに制服を色分けしている病院もあります。

しかし、いかにも女性的で、男性患者のセクハラに合いやすいピンクは避けるべきとの意見もあります。男性看護師も増えてきた現状の中で、女性、男性の区別を止めて、看護士の制服は、オレンジベージュ、イエローベージュなどベージュを基本にした色やグリーンやブルーをベースにした、いずれも淡い色に統一すべきだというのです。

スタイルについても、スカートは止めて、体の線を強調しないラインの、動きやすいパンツスタイルに変えるべきだとの意見もあります。救急外来は、動きやすさを重視して、パンツスタイルに統一している病院も見られます。

看護師の制服の画像

人が職業を選ぶ場合、‘制服姿に憧れて’その職業を目指す場合もあります。

実際、同じ高校に通うなら制服の可愛い高校に通いたいと、制服姿で高校を選ぶ女子中学生も多かったりします。あまりに機能だけを重視すると、憧れも半減してしまう場合もあるかもしれません。反面、下着を連想させる白や、可愛いピンクのカラーのスカート姿に、女性のシルエットが出やすいラインの制服はコスプレにもなっています。

男性患者にとっては、入院中に自分の体を見てもらったこともあり、これでは退院後も尾行したり、帰りを待ち伏せして会いたくなり、ストカー行動を起こしやすくさせるという話もあります。

看護婦も含め看護師の制服について、あなたならどう思われますか?

前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー